宮城県建設業協会

安全・安心・希望 安全・安心で快適な暮らしを支える地域建設業

ASPによる工事情報共有システムの利用申込みについて

 ASP工事情報共有システムは、情報通信技術を活用し、工事現場での書類などの情報を受発注者間で共有・交換することを支援するシステムとして、国直轄工事で一般化されたのに続き、令和2年度には宮城県土木部発注の全ての工事に適用となり、地方自治体工事等にも急速に浸透しております。 当協会では、東北6県建設業協会で構成するASP研究会において現場の負担軽減に向けた検討・研究に参画、平成21年よりこのシステム利用申込窓口を開設し、システムの利用申込受付を行っております。
 コロナ禍における非接触・リモート型の働き方への転換と抜本的な生産性や安全性向上を図るためのデジタルトランスフォーメーション(DX)が強力に推進される中で、国土交通省では小規模なものを除く全ての公共工事へのBIM/CIM活用への転換を2023年度までに実現することが示されております。
 当協会では、これらに対応していくため、東北6県建設業協会で従来から推奨しておりますASP工事情報共有システムとしての「basepage(川田テクノシステム株式会社)」・「工事管理官(TOINX)」の2つのシステムについて、全ての公共発注工事等で取り扱うことといたしましたので是非ご活用くださいますようご案内申し上げます。

お知らせ

「basepage」の利用申込について更新いたしました。
「工事監理官」の利用規約・利用申込書を更新いたしました。
東北地方整備局発注工事においても「basepage」の利用申込窓口を開設いたしました。
2021年4月1日からの「basepage」の利用申込・請求方法等の変更及び価格改定について
 ①「basepage」の全ての利用申込(東北地方整備局、宮城県、東北農政局発注工事)が
  「WEB申込」となります。
 ②「basepage」のご利用にあたり、請求元及び請求方法等が変わります。
 ③「basepage」の「宮城県発注工事」においては利用料金が改定(値下げ)されます。
  詳細はこちらをご覧ください。
「工事監理官」の利用規約・利用申込書を更新いたしました。
「basepage」のシステム利用申込窓口を開設いたしました。
※東北農政局及び宮城県発注工事のみ
「工事監理官」の閲覧者の登録数について

推奨システム

川田テクノシステム株式会社

川田テクノシステム株式会社
東北地方整備局、東北農政局、
宮城県、仙台市、その他地方自治体の
発注工事に対応

WEB申込へ
「basepage」の概要等はこちら
東北インフォメーション・システムズ株式会社(TOINX)

東北インフォメーション・システムズ株式会社
東北地方整備局、宮城県発注工事に対応
申込書DLへ
「工事監理官」の概要等はこちら

<< 前のページに戻る

利用申込・各種ダウンロード

ASP工事情報システムの利用申込
宮城県建設業協同組合関係様式

マニフェスト・用紙販売

↑ PAGE TOP