宮城県建設業協会

安全・安心・希望 安全・安心で快適な暮らしを支える地域建設業

お知らせ

 私ども、一般社団法人宮城県建設業協会は、平成26年3月18日付(宮城県告示第197号)で、災害対策基本法に基づく宮城県の「指定地方公共機関」に指定されたところであります。
 これまでも、各機関との災害協定等に基づき、3.11東日本大震災や頻発する自然災害等の事象に対し、地域建設業として、また協会組織として迅速な対応を実践して参りましたが、これまで以上に、地域及び住民の安全・安心と快適な暮らしの実現に寄与するとともに、一日も早い宮城県の「創造的復興」が遂げられるよう取り組んで参ります。

新着情報

平成29年度1級土木施工管理技術検定試験【受験準備講習会】(8日間講座)のご案内
「実施要領」及び「日程表」  お申込みはこちら(1級土木受験準備講習会)
平成29年度2級土木施工管理技術検定試験【受験準備講習会】(4日間講座)のご案内
「実施要領」及び「日程表」  お申込みはこちら(2級土木受験準備講習会)
10月22日に岩沼市被災沿岸部において150名が参加し1,000本のクロマツを植樹する「みんなでつくる3A(あんぜんに、あかるく、あたたかく)の防災林」植樹式を開催しました
8/19「2016夏休み!小学生と保護者の建設現場見学会」を実施いたしました
7/29,30「夏休み2016宿題・自由研究大作戦(仙台会場)」に出展いたしました
前払金をご利用のみなさまへ

震災記録誌

知られざる英雄たち

宮城県建設業協会の闘い5
~復興を担う次世代のために~
【近日中に掲載予定】
 宮城県建設業協会では、東日本大震災の経験や教訓を全国や後世に伝えるとともに、震災直後からいち早く現場に駆け、これまで経験したことのない様々な震災対応について、地域建設業の果たした役割を正確に発信するため、「宮城県建設業協会の闘い/風化させてはいけない記憶がある」第1弾を平成24年12月に発刊し、以降毎年、復興の現状と地域建設業の活動を広報し続けるため、これまで第4段まで発刊した参りました。
 このたび、第5弾「~復興を担う次世代のために~」として、復興事業の施工の最盛期が依然として続いているなか、各地で復興への姿が見え始める等、着実に復興への歩みを進めいている現状と、復興を担う次世代の人材確保・育成に向けた様々な取り組みのインタビューなどをまじえ、復興へ向けて地域と共に歩む地域建設業の実態をとりまとめた記録誌2,000部を作成し、県内図書館、学校、関係自治体、関係機関等に配布しております。

宮城県建設業協会の闘い4 宮城県建設業協会の闘い3 宮城県建設業協会の闘い2 宮城県建設業協会の闘い1
(H28.2 発刊)
宮城県建設業協会の闘い4
「あれから5年復興の先の未来へ」
(H27.1 発刊)
宮城県建設業協会の闘い3
「地域のために地域とともに」
(H26.3 発刊)
宮城県建設業協会の闘い2
「俺たちが地域を守り復興を果たす」
(H24.12 発刊)
宮城県建設業協会の闘い1
「風化させてはいけない記憶がある」

宮城県建設業協会発行物等

知られざる英雄たち

震災漫画本「知られざる英雄たち」/監修:いがらし みきお(H27.3発刊)
 2011年3月11日「東日本大震災」により多くの貴重な生命・財産を奪われ、ライフラインが途絶、救助・支援を行うための道路も寸断され、緊急輸送路となる道路の復旧・確保が早急に求められた環境において、報道機関が被災地に入る前の道路を切り啓いた(道路啓開)活動がどのように行われたかが一般に知られておりません。
 その道路啓開活動を担った地域建設業の初動活動をお伝えしたく、宮城県出身の漫画家いがらしみきお氏に監修をお願いし、震災漫画本「知られざる英雄たち」を発刊致しました。

宮城県建設業協会発行物等バックナンバー(準備中)

広報

宮城県建設業協会パンフレットH28 宮城県建設業協会パンフレットH28 平成28年度版 協会広報パンフレット
広報誌バックナンバー

活動支援

 平成26年7月17日(木)仙台市戦災復興記念館において、 「平成26年度東北地方整備局国土交通行政関係功労者表彰式」が行われ、 当協会が災害対策功労者として表彰されました。

(功績概要)
 平成26年2月豪雪による国道4号豪雪災害に際し、スタック車両の救出時の車両周辺の除雪及び運転者等への支援物資の配布要員としても尽力した。

過去の活動支援履歴(準備中)

利用申込・各種ダウンロード

ASP工事情報システムの利用申込

宮城県建設業協同組合関係様式

↑ PAGE TOP